ラクビの3つのデメリット|誰も語らない致命的な欠点とは!?

 

ラクビ口コミ

 

累計販売実績500万袋を突破した悠悠館のラクビ

 

SNSで人気に火がついて今女性たちを中心に爆発的に売れている人気商品です。

 

そんなラクビですが、メリットだけでなくデメリットもしっかりあります。

 

ここでは他のサイトが絶対に書こうとしないラクビのデメリットを包み隠さず暴露します。

 

ラクビのデメリットは3つある|これ知らないと大損

 

  • 運動や食事制限しないと痩せない
  • 急激に痩せるのは難しい
  • 効果は個人差がある

 

順に解説しますね。

 

運動や食事制限しないと痩せない

 

これは多くの方が勘違いしていることですが、ただラクビを飲むだけでは簡単に痩せません。

 

つまり、普段通り食事して運動をまったくしない場合、体重はなかなか落ちないんですね。

 

確かに世の中には飲むだけで痩せるダイエット商品は存在します。

 

例えば、ゼニカルなど海外製のお薬や下剤成分センナが入ったサプリメントなどです。

 

ただ、それらの商品は副作用が強く突然便意をもよおしたり、下痢になったりとデメリットが多いです。

 

その点、ラクビは安全性の高いサプリですが、デメリットとして飲むだけで痩せないという点が挙げられますね。

 

急激に痩せるのは難しい

 

私は1ヵ月ラクビを飲んで1.5キロ痩せましたが、体重の落ち具合はかなり緩やかでした。

 

ラクビ口コミ

 

糖質制限や軽い運動を取り入れただけなので、個人的に満足のいく結果でした。

 

ただ、短期間に数キロ痩せたい方にとってラクビは物足りないのではないでしょうか。

 

例えば、酵素ドリンクや青汁なんかだと置き換えやファスティングすれば体重を急激に落とすことが可能ですよね。

 

その点、ラクビはカプセルなので腹持ちが悪くファスティングなどにはまったく向いていません。

 

なので特別な日に向けて短期間で痩せたい方には不向きな商品なんですよね。

 

効果は個人差がある

 

ラクビの口コミを見るとほとんどの方が効果を実感していましたが、まれにまったく効果がなかったという方もいらっしゃいました。

 

ラクビは腸内環境を整えるダイエット商品なので、もともと腸内環境が整っている方には効果を感じにくいデメリットがありますね。

 

また、お薬ではないので飲んですぐに劇的な効果がないのもデメリットと言えるでしょう。

 

幸い、今なら試しやすいキャンペーンが用意されているので、とりあえず一ヶ月試してみて感触が良ければ続けてみる感じかベストかと思います。

 

ラクビはデメリットよりメリットのほうが多い

 

ラクビのデメリットを包み隠さずご紹介しましたが、デメリットよりもメリットのほうが間違いなく多いです。

 

  • 簡単に腸内環境を整えられる
  • リバウンドしにくい
  • 値段が安い

 

簡単に腸内環境を整えられる

 

数年前に腸活がブームになって以来、意識して食事など生活習慣に気を使っている方は多いです。

 

確かに腸内環境は食事を意識することで整えることは可能です。

 

具体的に言うと納豆やみそなど発酵食品が挙げられますが、毎日となるとけっこう骨が折れるのではないでしょうか。

 

1日だけならまだしも、必要な量を欠かさず摂取するのは難しいです。

 

成人女性の場合、腸内環境を整える食物繊維の1日の摂取量は13gですが、目標目安量の18グラムを下回っています。

 

その点、ラクビなら1日1粒飲むだけで腸内環境を正しく整えることが可能です。

 

腸内の悪玉菌が増えると便秘になったり、便が強烈なニオイをもよおしますが、毎日ラクビを飲むだけで腸活できるのが嬉しいですよね。

 

リバウンドしにくい

 

デメリットの項目で『急激に痩せにくい』点を挙げましたが、緩やかに体重を落とす分リバウンドしにくいです。

 

ファスティングや置き換えダイエットは摂取カロリーを急激に落とすので体重は落ちやすいですが、その分リバウンドしやすいです。

 

せっかく痩せたのにもとに戻ったら意味がないですよね。

 

最悪元に戻るだけだったらいいですが、逆に体重が増えるケースもありますからね。

 

値段が安い

 

ラクビと同じサプリでやせ菌を増やす商品はいくつか販売されています。

 

例えば、「ビセラ」や「くろしろ」などですね。

 

その中でもラクビは値段が突出して安いです。

 

  • ビセラ 初回500円 二回目以降3,980円 4回シバリ
  • くろしろ 初回500円 二回目以降4,980円 4回シバリ
  • ラクビ 初回500円 二回目以降2,740円 シバリなし

 

ビセラやくろしろは定期シバリが付いているので、最終的に数万円かかってしまいます。

 

その点、ラクビはいつでも解約できるので精神的にめちゃくちゃ楽です。

 

そういったことを踏まえて、ラクビはデメリットよりメリットのほうが圧倒的に多いんです。

 

ラクビ公式サイトにはメリットだけでなくデメリットもある

 

ご紹介したようにラクビはデメリットもありますが、それをはるかに上回るメリットがあります。

 

そして、多くのサイトが公式サイトを推奨していますが、実は公式サイトにもデメリットはあるんですね。

 

当サイトも公式サイトを推奨していますが、公平を期すために公式サイトのデメリットを完全暴露します。

 

ラクビ公式サイトのデメリットは?

 

  • お客様情報を入力する必要がある
  • 返金保証が付いていない

 

お客様情報を入力する必要がある

 

普段、楽天やAmazonで買い物をされている方はすでにお客様情報を登録しているので、欲しいものがあればサクッと買い物ができますよね。

 

登録したのが大昔の話で忘れている方もいらっしゃるかもしれませんが…

 

当然、ラクビを公式サイトで初めて買う人はお客様情報を登録する必要があります。

 

ただ、郵便番号を入れると自動入力されるので、スマホのフリック入力になれている人だったら数分程度で登録は終わります。

 

購入前にワンクッション入るので楽天などに比べるとデメリットと言えますね。

 

返金保証が付いていない

 

ラクビはお得な定期コースが用意されていますが、定期コースによくある返金保証が付いていません。

 

食品系の定期コースだと返金保証が付いていないことが多いのですが、ラクビも例外ではないんですね。

 

一般的に返金保証を利用する方は極めて少ないですが、やはり保証が付いていると安心感が違いますよね。

 

もちろん、最初に届いた商品が不良品だった場合は返品、交換してもらうことは可能です。

 

ただ、純粋な返金保証は付いていないのでそこはデメリットと言えますね。

 

ラクビ公式サイトはメリットがたくさんある

 

あえてラクビ公式サイトのデメリットを挙げましたが、メリットのほうが多いのは紛れもない事実です。

 

  • 圧倒的に費用を抑えられる
  • 定期シバリなし、一回のみの購入で解約できる
  • 品質が保証されている

 

圧倒的に費用を抑えられる

 

ラクビは楽天やAmazonでも販売していますが、公式サイトと比較するとかかる費用がまったく違います。

 

  • 楽天 3,594円
  • Amazon 3,160円
  • 公式サイト 500円

 

楽天やAmazonで買うと初回だけでも公式サイトの6倍以上の費用がかかります。

 

仮に継続する場合、楽天で3ヶ月都度購入すると

 

楽天 3,594円⇒3,594円⇒3,594円=10,782円

 

一日当たりのコスパは119円です。

 

一方、公式サイトの場合、

 

公式サイト 500円⇒2,740円⇒2,740円=5,980円

 

一日当たりのコスパはわずか66円です。

 

 

楽天で継続すると雪だるま式に費用がかさんでいく一方なんです。

 

定期シバリなし、一回のみの購入で解約できる

 

ラクビの定期コースは以前3回の継続義務がありましたが、2019年4月にシバリは撤廃されいつでも解約できるようになりました。

 

なので、最初に500円払って感触を確かめてから継続の判断をすることが可能なんです。

 

品質が保証されている

 

楽天やAmazonに出品されているラクビは転売品ですが、公式サイトはメーカーが運営しているので間違いなく正規品です。

 

正規品なので当然品質は保証されており、仮にトラブルが起こった場合でも迅速に対応してもらえます。

 

そういったことを踏まえて、ラクビ公式サイトはデメリットよりもメリットのほうが多いです。

 

ラクビ公式サイトで購入してダイエットに成功しました

 

ラクビ口コミ

 

私は普段よく楽天を利用していますが、ラクビ公式サイトで購入して正解でした。

 

初回500円でスタートして結果的に1ヵ月1.5キロのダイエットに成功しましたからね。

 

ラクビを始めるまでは多くの方と同じようにダイエットしてはリバウンドの繰り返しで一度63キロから目標体重の55キロまで痩せました。

 

ですが、30代という年齢や忙しさもあって60キロまで戻ってしまいました。。

 

それから食事に気をつけて週3、4回はジムに通っているものの体重は落ちず。

 

ダイエットが低迷していたときにラクビに出会いました。

 

私の詳しいラクビ体験談はこちらの記事に掲載しているので興味がある方は参考にしてくださいね。